西馬音内そばの発祥、弥助そばや。

弥助そばや

  • HOME »
  • 弥助そばや



文政元年(1818)創業より、およそ200年。 北前船に乗って大坂・砂場の地で修業し、蕎麦の製法を持ち帰った初代・弥助は、「二万石橋」のたもと、清き湧き水が流れるこの場所に店を構えました。

日本三大盆踊りのひとつ「西馬音内盆踊り」が伝わるこの地は、江戸時代、西馬音内街道の宿場町として栄えていました。

二万石を持つ2つの藩の殿様が、この橋を渡り江戸へと上ったことから「二万石橋」という名がついたと云われています。

初代・弥助が持ち帰った「白く細い蕎麦」は、当時、東北では見たことがないものだったそうで、街道を行き交う旅人や商人、地元の人々の人気を集めたと云われています。

当店の自慢は、初代から約200年受け継いで参りました「冷がけそば」。大坂・砂場系の二八配合、手打ちの包丁切りで、細いのにコシがあって歯切れよく、蕎麦がふわりと甘く香ります。

江戸時代から変わらない味。
蕎麦粉の純度のいい、あか抜けた蕎麦を、是非ご堪能ください。

 


所在地   秋田県雄勝郡羽後町
          西馬音内本町90

営業時間  午前11:00~午後2:00
      ※そばが無くなり次第終了

定休日   不定休

 

PAGETOP
Copyright © 弥助そばや All Rights Reserved.